近年では、事務所を移転させる際には事前に準備を行うことが一般的なものとして認識されています。この数年は事務所を違ったところに移動させようとする企業が飛躍的に増加してきたため、あらかじめ移転のための準備や手続きを進めていくことが強く希求されているのではないかとみられています。様々な形式で事務所の移転が行えるようになっているため、事前の準備を進めることで、実際の移転が円滑に進められていくのではないでしょうか。全国の多くのエリアでこうした認識が広がりを見せるようになり始めていると考えられていることから、事務所移転時には準備を行うことがスタンダードになってきています。事務所移転を模索している会社の移転作業や、その事前の準備を手伝う流れも、この先次第に積極的な動きになるのではないかと強く期待されています。

事務所移転作業について

事務所移転作業とは、どのような作業をするのでしょう。一般家庭の引越しとは違うのでしょうか。簡単にいうと「会社の引越し」です。ビルからビルへ、1階~5階へ移転します。例えるなら個人宅引越しの会社版です。大体、エレベーターが使えますので台車を使って運びます。個人宅の引越しよりかは多少楽ですね。移動規模にもよりますが、多人数で作業を行います。事務所移転は5、6人で行きますし、たまに他の業者も来ます。人数が多いため、一般家庭の引越しと比べて楽です。ですが、エレベーターが使えなかったりしたら重機は担いで下げたりします。一番楽だと思うのは事務所移転の中継(台車を受け取り流すだけ)かエレベーター係ですね。引越しも移転作業も大変ですが、仲間と一緒にやり切ったという達成感をかんじることができることができます。

事務所移転の基本的な考え方

事務所移転は基本的に一日で行うことです。かなり大きなところでは仕方ないですが、基本はそうなります。何故かと言いますと移動している時間が無駄であるからです。当たり前ですが、物を配置する絵図もしっかりと作っておくと良いです。それが効率的になります。移転をする為にはさすがに費用がかかることになります。これは自分たちでやるのか、それとも業者に依頼するのか、というのがありますが、原則には自分たちでやったほうがよいです。それは社員間の結束を強くすることができますし、その上で重要であるのが、道などを早い段階で把握しやすくなるからです。何かを一緒にやることは大事です。特に前向きの意味での事務所移転ではそれがとても効果的です。業務成績がよく、手狭になってきたからやるわけであり、これはよいことであるといえます。