事務所移転を行う際には、取引先などにキチンと通知をすることが大事です。通知をしなければ、連絡を取りたいという時であっても、思うような連絡を取ることができなくなってしまうということがあります。事務所移転にはコストもかかるので、事前にどれくらいの費用が必要となってくるのか、よく考えることが大事です。移転の際に必要となる引越しや備品に関することなども専門業者に見積もりを出してもらうとよいでしょう。専門業者もいくつかあるので、出来るだけ多くの業者に見積もりを依頼し、その上でどこに頼むのかということを検討するとよいです。移転先によって引越しの際に必要となる費用が異なります。階数が違うだけでも手間が変わってきてしまうので、どこに事務所移転をするのかということも慎重に考えていく必要があります。とても大事なことです。

事務所移転は専門の業者さんにお任せしよう

札幌で暮らしている知人の中に、自分の会社を設立して社長として仕事を続けている男性がいます。会社を設立してから6年が経ち、少しずつ会社が大きくなって、社員も増えたということで、昨年の秋に事務所移転をしました。詳しい話を尋ねてみたところ、事務所移転をサポートしてくれる専門の業者さんにお任せしたところ、想像していた以上にスムーズに移転が実現して、非常に満足していると教えてくれました。移転に関する細かな手続きはもちろんのこと、移転先のレイアウトまで提案してくれたそうです。移転後は社員全員が快適に働けるようになったし、オフィス全体がすっきりとまとまって、お客様がいらっしゃったときも気持ちよくお迎えできるようになったと言っていました。事前に無料で相談にのってくれたし、さらに見積もりも提示してくれたので、事務所移転を安心してお任せできたそうです。

事務所移転をするときの契約のポイント

多くの会社が仕事を行っていく場所として事務所を借りていくということが当たり前になっていますが、条件の良いところがあればすぐに事務所移転を行っていくというとがあります。そこで必ず入居する前に契約を行っていくということが当たり前になっていますが、契約をしていくときにしっかりと先のことを考えておかないといけないということがあります。まずは退去のことを考えた契約をすることが大事です。そのため契約の更新月であったり賃料の改定であったり原状回復や敷金などのことをきちんと確認することが大事です。さらに契約の更新は一度更新したら2年は有効になります。そのため契約更新した直後の退去はもったいないため必ず更新月を確認しておくことが大事になっていきます。さらに中途解約をするとペナルティーが加算されることがあるため、注意が必要です。