多くの会社で仕事をしていくときに事務所を構えていくということが当たり前になってきていますが、必ず大事な事として少しでも条件が良いところがあればすぐに事務所移転していくということがあります。こうしたことは悪いことではないですが、こうしたことをしていくときに必ず気をつけていかなければいけないことがあります。まずは事前に今借りているところの解約予告を半年ほど前から出しておくことが大事になっていきます。これが事務所移転をする1ヶ月前になるとうまくできないことがありますので、最低でも半年は期間を見ておくことが大事です。さらに荷物など大量にあり新しいところに多く持っていく必要がありますが、このときに車内でグループを作ってそれぞれの作業分担を行うことで、移転するときの作業がスムーズにできます。

事務所移転をしていくときに確認すること

会社で仕事をしていくときに事務所を構えて行っていくということが当たり前になっていきますが、こ少しでも条件の良いところがあればすぐに事務所移転をしていくということが大事になっていきます。さらにこうしたときにとても大事なことがあります。それは事務所移転する前にこのビルがどのようなものかということです。例えば電気とガスと水道はどこの会社でも使っていきますがこれは本来そのビル全体で請求がきます。その代金を他のテナントと折半にしていくのか、それとも毎月の家賃に含まれているかなど必ず確認していくことが大事になっていきます。さらにこのセキュリティはどのようになっているのかということもあります。さらにどこの管理会社が管理していて管理人が常駐しているのかどうかということも大事ですし、警備システムがどのようになっているのか確認したほうがいいです。

事務所移転をすることで生まれるメリット

会社が仕事をしていくために事務所を構えていくということが当たり前になってきています。しかし少しでも条件の良いところがあればすぐに事務所移転していくというところも良くあります。こうしたときに生まれてくるメリットがあります。まずは最近の経済情勢では家賃が値下がり傾向になります。そのため今と同じ面積や使い勝手でも少ない家賃で済むため経費の節約になるということがあります。さらに綺麗なところに事務所移転すると新卒や中途の採用でもメリットがあります。多くの人がその会社の綺麗さで会社の第一印象を決めていきます。第一印象が悪ければあとで挽回することが難しくなります。さらに今いる社員の定着率にも影響を与えていきます。そのため今より条件の良いところがあれば迷わす行っても問題ないです。

対象エリアは東京、名古屋、大阪の大都市を拠点に置き、2011年9月には現地法人をベトナムにも開設しました。 当社の実績とは、事務所やオフイスのデザインや内装、各種設備工事を通して明るく働きやすい環境作りをしている事です。 ご依頼者様のケースをご紹介いたしております、実例を当サイトで是非ご覧ください! 社長室だけ、会議室だけといったオフィスのプロデュースもお任せください。 事務所移転は経験豊富なプロにおまかせ